営業ダークナイト

様々なコストを削減できるBYOD

by on 3月.30, 2017, under 未分類

BYOD(Bring your own device=私物端末の業務利用)は企業にとってコスト削減という大きなメリットがあります。具体的にはどのようにコストを削減できるのでしょうか。まず第一に社員が各自で所有しているスマートフォンを使うことになるため、端末購入費を削減できますよね。また基本料金含めたすべての通信費を企業側で負担する必要がなくなるため、通信費のコストも削減できるそう。最近は社員の携帯電話料金に対して企業が毎月一定額を補助するといったケースが多いと聞きます。この他にも、企業が端末を管理する必要がなくなるために管理コストが削減できますし、社員は使い慣れたスマートフォンを使用するためサポート費用もいりませんよね。もちろんセキュリティ対策などの仕組みを導入したり、社内業務向けアプリケーションに関するサポートは必要です。が、その場合でもサポートチームの人員を最小限に留めることが可能でしょう。このようにBYODは、様々なコスト削減をしつつスマートフォンが導入できるので、企業にとって大きなメリットになると思います。

Leave a Comment more...

顧客を理解できていないと・・

by on 3月.17, 2017, under 未分類

様々な企業が今は顧客との長期的かつ友好な関係を続けるためにCRMを用いるようになってきました。新規顧客獲得にはSFA、既存顧客を維持するためにはCRMといったように、目的別にツールの使い分けもされています。そんなCRMですが、導入時には多額の費用がかかり運用にもそれなりの知識を持つ人材の確保が必要です。それらをクリアでき、かつ運用ができていても思うほどの効果が上げられない企業も多いそうなんです。

そこには顧客の本当の理解ができていない、と言われているんですね。本当の理解とは・・どういうことなのでしょうか。

CRMによって年齢、性別、購入履歴や閲覧履歴などを分析し、そこからそれぞれの顧客に適した商品を勧めたり、購入のタイミングを見計らってクーポン券を配布するといったことが可能となりました。しかし、それだけではダメだと言うんです。顧客が本当に何を欲していて、潜在的に何を求めているのかを追求できなければ、本当の意味での顧客の維持はできないと・・。非常に難しいことですが、これができればたしかに既存顧客は離れて行かないでしょうね。

Leave a Comment more...

アイズファクトリーがMAツール『Salesforce Pardot』をリリース

by on 3月.06, 2017, under 未分類

アイズファクトリーが、見込み客育成を最適化するクラウドサービス『bodais for Pardot』をリリースしました。このサービスは、セールスフォース・ドットコム社のマーケティングオートメーション(MA)ツール『Salesforce Pardot』に蓄積した見込み客の情報&ログデータを、アイズファクトリーのデータ解析プラットフォーム『bodais』で解析するというもの。優先的に育成するべき見込み客を明確化し、1人ひとりの興味関心の高まりに影響を与える要因を把握できます。見込み客のスコアリングも簡単に最適化できるそう。またデータ分析も簡単にできるように、メールマーケティングの成果をグラフにして表示できます。これなら全体の状況を把握することができますね。Salesforce Pardotとbodaisを組み合わせた『bodais for Pardot』は、見込み客育成を最適化するだけでなく、その成果を見える化する複数の出力を備えているということです。https://knowledgesuite.jp/service/what-is-sfa.html

Leave a Comment more...

名刺管理サービスが人気の理由

by on 2月.13, 2017, under 未分類

近年はスマートフォンとクラウドを活用した名刺管理サービスが、ビジネスマンに人気のようです。名刺を貰ったら手持ちのスマートフォンのカメラで読み取り、いつでもどこでもそれを閲覧できるという手軽さが良いそう。名刺情報をクラウドに保存できるから、容量を気にすることなく登録できます。スマートフォンの端末容量では、すぐパンクしてしまいますもんね。また目当ての名刺をすぐ検索できるというのは、便利なことこの上ないもの。紙ベースの名刺だと、大量にある名刺の中から一枚を探し当てるのにどれだけ苦労したことか…経験のある人も多いでしょう。名刺情報をデジタル化しておけば、名前や社名、タグ付けなど様々な角度からスピーディに見付けられます。更に名刺管理サービスを他のアプリ(電話・メール・地図など)と連携しておけば、よりスムーズにお客様とやり取りしたり、業務を進めることができますよね。このように個人向けに作られた名刺管理サービスも便利ですが、法人向けになると更にパワーアップし、社内で名刺情報を共有できるようになります。これなら社内の人脈を営業に活用できるし、異動などの引き継ぎも楽になるというわけです。現代のビジネスマンにとって、名刺管理サービスがなくてはならないツールになりつつある理由が分かりますね。

Leave a Comment more...

現場に支持されるCRMとは

by on 2月.08, 2017, under 未分類

営業現場は実践、経験がモノを言う場所。そこに新しいシステムを導入し、しかもスマホやタブレットを使って入力をするなんてことは、なかなか受け入れられないようです。何か事務仕事をさせられているような感覚になるのかもしれません。

企業と企業とのビジネスではCRMの機能も豊富で、それら機能に期待して詰め込み過ぎて導入されることも。。そうなると、営業担当者はさらに追い詰められてしまう^^だって、現場主義の人たちですからね。人と人とのコミュニケーションでビジネスをやってきた人たちが、突然端末に向かって作業する時間を負わされ、しかもわけがわからないシステムであれば拒否される可能性も高いかと。もしかしたら、エクセルに戻してほしい!なんて声も上がるかもしれません。

では、現場に支持されるCRMとはどのようなものなのか。これは簡単です。入力項目が少なく、作業画面もわかりやすいもの。導入当社は極力項目を減らしておいて、営業担当者が理解し継続できると自己判断できるようになってから、少しずつ項目や機能を増やすようにすること。これが大切なんだそうです。

営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

Leave a Comment more...

別の意味でのニーズも重要

by on 1月.09, 2017, under 未分類

CRMの目的は顧客と企業が長期に渡って良好な関係を築けるよう、そして企業は収益を上げていくこと。そのためにCRMの中にある機能を存分に利用して、企業は顧客のニーズを掘り起こして満足度を上げていくのですが。。

顧客のニーズって難しいですよね。私もその顧客の一人なんですが、ネットショップで洋服を一着だけ購入しても、その日から毎日のようにそのショップからメールが届き、「あなたにおすすめの商品です!」と商品紹介がズラリ。購入した一着から、これまでのデータを元にこれを買った客はこんな商品も一緒に購入しているから、と紹介しているのでしょう。また、私がサイト内をどのように行動しているのかも分析されているのかも。。

私の場合ですが、毎日のようにメールが来たり、あなたにおすすめ、なんて言われるとかえって購買意欲が下げられる人間もいるんですよね。。

このようなことをショップに言うつもりはないので、メール配信を解除するわけですが、モノ言わぬこのような客がどれくらいいるのか、この点においても企業はニーズをとらえるべきかと思いますね。

Leave a Comment more...

いろいろと考えさせられます

by on 1月.06, 2017, under 未分類

SFAの導入に関するコラムを読みました。ある企業がSFAを使っていたそうなんですが、社内の1つのグループだけで利用していたためにグループ外には情報が全く出ていなかったと。ま、これはセキュリティという観点では良いことなのでしょうが^^SFAに蓄積された情報って会社全体の資産でもあるわけです。これを1つのグループだけで使うというのは勿体無いことですよね。

なので、今利用しているSFAを社内全体でも!という運びとなるのは当然の流れ。しかしここでコストの問題が出てきたそうです。SFAってアカウントごとにいくら、って決められているところが多いですよね。今利用しているSFAで会社すべての人数のアカウントを増設すると、とんでもない費用になってしまうことがあるんだそうです。そのような場合には、別の会社のSFAを導入することで解決する場合もあるとか。

ただ、他の会社に移行するということは、今利用しているSFAに自社の情報が残ってしまう心配がありますよね。きちんと破棄される、とは言われていますが、色んな面で考えさせられるコラムでした。

本記事はこちらの製品を参照しました。

Leave a Comment more...

売上げをアップさせる顧客管理

by on 12月.18, 2016, under 未分類

営業効率をあげ、売上げをアップさせるには、「顧客管理を的確に行うこと」が大切だと言われています。顧客管理とは、単に顧客情報を管理するだけではありません。営業を見える化し、顧客との関係を適正にマネジメントすることで、見込み客への効果的なアプローチを可能にするのです。それにはまず顧客情報をデータベース化する必要があります。データベースを一から構築するのは大変な労力が必要ですが、今はITテクノロジーを駆使した使いやすい顧客管理ツールが多数販売されています。顧客管理システム(CRM)や営業支援システム(SFA)などがその良い例でしょう。ローコストだからとExcelで管理を行っているケースも多くありますが、クラウドベースのツールなら営業先でも確認や更新をすることができるのでとても便利なのです。クラウドベースだと情報漏えいなどのセキュリティが心配だという声をよく聞きますが、導入を検討する際に機能や価格だけを見るのではなく、セキュリティ面も気をつけて見ることがリスクを減らすためには大切です。導入してからも情報共有を社内にとどめたり、社内のネットワークを使用するよう心がけることも、リスク軽減には効果的ですよ。適切な顧客管理を行い、営業戦略を立てて売上げをアップさせましょう。knowledgesuite.jp

Leave a Comment more...

MicrosoftのCRMが使われる理由

by on 12月.12, 2016, under 未分類

Microsoft Dynamics CRMのサイトを見ると、なぜ、このMicrosoftのCRMが多くの会社で使われているのか、その理由が紹介されていました。

全部門で使え、使いやすく、変化にも対応、そして安心であるということ、この4つがピンポイントで挙げられていました。

全部門で使えるというのは、会社全部でということ。社内で一元管理するため、もし問い合わせなどが顧客からあったとしても、最適な対応が可能となるそうです。

そして使いやすさとは、スマホ、タブレット、パソコンとデバイスもいろいろ選べ、Microsoftの製品とも連携可能ということ。効率もアップするし、わざわざ新しくトレーニングしなくても使えることはコスト的にも時間的にも軽減されます。

変化への対応は、カスタマイズがしやすいこと。ビジネスは常に変化の中にあるので、その都度システムの変化も必要となってきます。

そして、クラウドを利用しているためセキュリティも安心ということです。

Leave a Comment more...

MDMとコンテナ化によるセキュリティ

by on 12月.10, 2016, under 未分類

スマートフォンなどのモバイル端末の普及、BYOD(私物端末の業務利用)などにより、今日のビジネススタイルは大きく変わりつつあるようです。そんな現代の企業を悩ませているのが、セキュリティの確保ではないでしょうか。多くの企業では、MDM(モバイル デバイス管理)やコンテナ化によるアプリケーションレベルの管理が選ばれているよう。MDMは、デバイス自体のレベルでセキュリティを確保するソリューションで、OSやデバイスの所有形態に応じた管理と監視を実行できます。またデバイスの root化・ジェイルブレイク・マルウェアのインストール・悪意あるアプリケーションのダウンロードなどという不正操作を禁止することにより、デバイスレベルでデータを保護できるそう。MDMの主な機能としては、「デバイスのパスコード要求」「データ暗号化」「リモートでのパスコードリセットやデバイスロック」「デバイスの追跡」「デバイスワイプの実行」などがあります。このようなMDMとコンテナ化を併用することによって、 ユーザーの利便性を高め、セキュリティを強化することができるのです。まさに一石二鳥ですね。企業のニーズにより組み合わせる方法などが異なってきますが、モバイル活用をより円滑に進めていくためにも利用する手はないでしょう。

Leave a Comment more...

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!