営業ダークナイト

拒否反応をできるだけ招かないように

by on 8月.11, 2017, under 未分類

SFAの導入の際に気をつけておきたいこととして、システムを実際に使う営業担当者が出来るだけ拒否反応をしないようにすること、これがよく挙げられています。

SFAはみなさんもよく知っているように機能が豊富です。使いこなせるようになれば見込み客の獲得、売り上げアップが現実化します。しかし導入時にあれもこれもと欲張って機能を詰め込み過ぎると、営業担当者の入力負荷が大きくなり過ぎてしまうんです。本来の営業に時間を使えなくなり、かつデスクワークが増えていけば営業担当者が拒否してしまうのも当然ですよね。

そこで、本格運用の前にシンプルな機能を試験的に使ってもらう、ここから始めるとうまくいくそうです。営業担当者が今まで使っていたツールと似たもの、あるいはシンプルで一目で理解できるような画面ものをまずは使い慣れてもらい、SFAはそんなに難しいものではないんだ!と感じさせることが重要なんですね。

ある程度の試用期間を経て、徐々に機能を増やして使いこなせるように指導していく。これで、SFAへの拒否反応もで避けることができるようです。

営業支援・顧客管理システム(SFA)導入の際のポイント | サービス紹介


Leave a Reply

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!