営業ダークナイト

実は顧客情報は生ものなのです

by on 10月.24, 2018, under 未分類

SFAに顧客情報、そして営業情報を入力し、蓄積していくことで確度の高い分析結果を得られ、アプローチに役立てることができます。

しかし、その顧客情報って、実は生ものとも言われているんですよね。どういうことかと言うと、顧客の名前や年齢は変わらないにしても、メアド、これが曲者となります。新規見込み顧客も既存顧客も、メールやメルマガがモノを言うものですが、この唯一の連絡手段を絶たれることがよくあるわけです。

企業同士の商談であればこういったことは少ないのですが、個人の顧客との取引となると、このメアドが変更されたりメルマガの解約などによって、企業から個人へ連絡をすることが出来なくなるんです。そうなると、あとは郵送・・という手段になりますが、これも嫌がる客は多くいます。そして、封筒であっても開封すらせずにゴミ箱に捨てられる可能性も高いわけです。

顧客情報があるから、とどこかで安心することなく、もし、メアドなどの変更があればすぐに顧客自ら変更連絡をしてくれるような関係性を保っておきたいですね。


Leave a Reply

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!