営業ダークナイト

未分類

過去の営業履歴を素早く確認する方法

by on 4月.23, 2017, under 未分類

顧客に関する情報を知るために、過去の営業日報履歴を見たい場合どうしていますか?紙媒体の営業日報なら探すのも一苦労、Excelで管理している場合も別ファイルを開かないと確認できませんよね。確認するだけにいちいち手間や時間が掛かり過ぎてしまいます。しかしSFAなら企業名をクリックするだけで過去の履歴を参照できるものがあるんですよ。わざわざ検索する必要がなく、過去の履歴などの関連情報を時系列で一覧できるなんて便利ですよね。もちろんSFA製品によっては、別ページや別ウィンドウを開いたりしなければいけないものあります。現場の利便性を重視するなら、その点も導入検討時の選定ポイントにしておいて損はないでしょう。またSFAなら顧客訪問の直前にスマートフォンなどで過去の履歴を参照し、おさらいした上で商談を迎えられます。頭で情報を整理したい時にも役立つはず。忙しい営業にとって少しのタイムラグはとてももどかしいもの。簡単&スピーディーに過去の履歴を確認できるだけで、業務効率が格段にアップしますよ。営業担当者も気持ち良く仕事ができるでしょう。

Leave a Comment more...

LGエレクトロニクスが発表したAndroidスマホ『LG G6』

by on 4月.19, 2017, under 未分類

仕事で使うスマートフォンって、大きなディスプレイを搭載してた方が断然便利ですよね。エクセルやパワーポイントなどのアプリを利用している方も多いと思いますが、ファイルが見やすくて扱いやすいし、同時に2つのアプリを表示することができる機種もあります。そんな中、LGエレクトロニクスが発表したフラグシップモデルのAndroidスマートフォン『LG G6』が注目されているそう。画面アスペクト比が18:9の5.7型QHD(2880×1440ピクセル・564ppi)ディスプレイを搭載しており、他のスマートフォンよりも縦長になってるんですよ。しかも大画面なのに幅が細く、ディスプレイの角がラウンド状で幅が抑えられているから持ちやすさも兼ね備えているという。背面には指紋センサーを搭載しているし、盗難防止用のケーブルにUSB Type-Cを採用しているからセキュリティ面もしっかりしています。この他、OSがAndroid 7.0 Nougat、IP68相当の防水・防塵性能、バッテリー容量3300mAhを搭載しており、ビジネススマートフォンにピッタリだと思います。今のところ日本での発売時期等は未定ですが、日本での販売にも期待したいですね。SFAのトライアル申込みはこちら

Leave a Comment more...

CRMを使っていたとしても

by on 4月.04, 2017, under 未分類

「効果的なCRMを実現するためには「フォローメール発想」に切り替える必要がある!」と強調されている記事がありました。CRMを使い、効果的にメルマガを配信・・という会社も多いと思いますが、そもそもそれがおかしいと。ネット広告から商品を購入してくれた顧客に、毎日のようにメルマガを送る。これはまるでストーカーのようだ、と表現されていました。

毎日同じショップからメルマガが送られてきても、他にも同じようなメルマガは届いていますし、珍しいものでない限り顧客はすべてのメルマガを読まずにゴミ箱へ。配信停止をしたくても、リンクがわかりづらかったりいくつものステップを踏ませて停止させるショップもあり、不快な思いをしている人も多いと思いますね。これらの理由もあり、ほとんどのメルマガが読まれていない、というのは事実だと考えて良いと思います。

それよりも、送った商品に不具合が無かったか、他の利用者からはこんな声が届いていますよ~と言った直接的にその商品、顧客について語りかけるような内容のフォローメールを送ることが、よりCRMの効果を高めるそうです。

Leave a Comment more...

様々なコストを削減できるBYOD

by on 3月.30, 2017, under 未分類

BYOD(Bring your own device=私物端末の業務利用)は企業にとってコスト削減という大きなメリットがあります。具体的にはどのようにコストを削減できるのでしょうか。まず第一に社員が各自で所有しているスマートフォンを使うことになるため、端末購入費を削減できますよね。また基本料金含めたすべての通信費を企業側で負担する必要がなくなるため、通信費のコストも削減できるそう。最近は社員の携帯電話料金に対して企業が毎月一定額を補助するといったケースが多いと聞きます。この他にも、企業が端末を管理する必要がなくなるために管理コストが削減できますし、社員は使い慣れたスマートフォンを使用するためサポート費用もいりませんよね。もちろんセキュリティ対策などの仕組みを導入したり、社内業務向けアプリケーションに関するサポートは必要です。が、その場合でもサポートチームの人員を最小限に留めることが可能でしょう。このようにBYODは、様々なコスト削減をしつつスマートフォンが導入できるので、企業にとって大きなメリットになると思います。

Leave a Comment more...

顧客を理解できていないと・・

by on 3月.17, 2017, under 未分類

様々な企業が今は顧客との長期的かつ友好な関係を続けるためにCRMを用いるようになってきました。新規顧客獲得にはSFA、既存顧客を維持するためにはCRMといったように、目的別にツールの使い分けもされています。そんなCRMですが、導入時には多額の費用がかかり運用にもそれなりの知識を持つ人材の確保が必要です。それらをクリアでき、かつ運用ができていても思うほどの効果が上げられない企業も多いそうなんです。

そこには顧客の本当の理解ができていない、と言われているんですね。本当の理解とは・・どういうことなのでしょうか。

CRMによって年齢、性別、購入履歴や閲覧履歴などを分析し、そこからそれぞれの顧客に適した商品を勧めたり、購入のタイミングを見計らってクーポン券を配布するといったことが可能となりました。しかし、それだけではダメだと言うんです。顧客が本当に何を欲していて、潜在的に何を求めているのかを追求できなければ、本当の意味での顧客の維持はできないと・・。非常に難しいことですが、これができればたしかに既存顧客は離れて行かないでしょうね。

Leave a Comment more...

アイズファクトリーがMAツール『Salesforce Pardot』をリリース

by on 3月.06, 2017, under 未分類

アイズファクトリーが、見込み客育成を最適化するクラウドサービス『bodais for Pardot』をリリースしました。このサービスは、セールスフォース・ドットコム社のマーケティングオートメーション(MA)ツール『Salesforce Pardot』に蓄積した見込み客の情報&ログデータを、アイズファクトリーのデータ解析プラットフォーム『bodais』で解析するというもの。優先的に育成するべき見込み客を明確化し、1人ひとりの興味関心の高まりに影響を与える要因を把握できます。見込み客のスコアリングも簡単に最適化できるそう。またデータ分析も簡単にできるように、メールマーケティングの成果をグラフにして表示できます。これなら全体の状況を把握することができますね。Salesforce Pardotとbodaisを組み合わせた『bodais for Pardot』は、見込み客育成を最適化するだけでなく、その成果を見える化する複数の出力を備えているということです。https://knowledgesuite.jp/service/what-is-sfa.html

Leave a Comment more...

名刺管理サービスが人気の理由

by on 2月.13, 2017, under 未分類

近年はスマートフォンとクラウドを活用した名刺管理サービスが、ビジネスマンに人気のようです。名刺を貰ったら手持ちのスマートフォンのカメラで読み取り、いつでもどこでもそれを閲覧できるという手軽さが良いそう。名刺情報をクラウドに保存できるから、容量を気にすることなく登録できます。スマートフォンの端末容量では、すぐパンクしてしまいますもんね。また目当ての名刺をすぐ検索できるというのは、便利なことこの上ないもの。紙ベースの名刺だと、大量にある名刺の中から一枚を探し当てるのにどれだけ苦労したことか…経験のある人も多いでしょう。名刺情報をデジタル化しておけば、名前や社名、タグ付けなど様々な角度からスピーディに見付けられます。更に名刺管理サービスを他のアプリ(電話・メール・地図など)と連携しておけば、よりスムーズにお客様とやり取りしたり、業務を進めることができますよね。このように個人向けに作られた名刺管理サービスも便利ですが、法人向けになると更にパワーアップし、社内で名刺情報を共有できるようになります。これなら社内の人脈を営業に活用できるし、異動などの引き継ぎも楽になるというわけです。現代のビジネスマンにとって、名刺管理サービスがなくてはならないツールになりつつある理由が分かりますね。

Leave a Comment more...

現場に支持されるCRMとは

by on 2月.08, 2017, under 未分類

営業現場は実践、経験がモノを言う場所。そこに新しいシステムを導入し、しかもスマホやタブレットを使って入力をするなんてことは、なかなか受け入れられないようです。何か事務仕事をさせられているような感覚になるのかもしれません。

企業と企業とのビジネスではCRMの機能も豊富で、それら機能に期待して詰め込み過ぎて導入されることも。。そうなると、営業担当者はさらに追い詰められてしまう^^だって、現場主義の人たちですからね。人と人とのコミュニケーションでビジネスをやってきた人たちが、突然端末に向かって作業する時間を負わされ、しかもわけがわからないシステムであれば拒否される可能性も高いかと。もしかしたら、エクセルに戻してほしい!なんて声も上がるかもしれません。

では、現場に支持されるCRMとはどのようなものなのか。これは簡単です。入力項目が少なく、作業画面もわかりやすいもの。導入当社は極力項目を減らしておいて、営業担当者が理解し継続できると自己判断できるようになってから、少しずつ項目や機能を増やすようにすること。これが大切なんだそうです。

営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

Leave a Comment more...

別の意味でのニーズも重要

by on 1月.09, 2017, under 未分類

CRMの目的は顧客と企業が長期に渡って良好な関係を築けるよう、そして企業は収益を上げていくこと。そのためにCRMの中にある機能を存分に利用して、企業は顧客のニーズを掘り起こして満足度を上げていくのですが。。

顧客のニーズって難しいですよね。私もその顧客の一人なんですが、ネットショップで洋服を一着だけ購入しても、その日から毎日のようにそのショップからメールが届き、「あなたにおすすめの商品です!」と商品紹介がズラリ。購入した一着から、これまでのデータを元にこれを買った客はこんな商品も一緒に購入しているから、と紹介しているのでしょう。また、私がサイト内をどのように行動しているのかも分析されているのかも。。

私の場合ですが、毎日のようにメールが来たり、あなたにおすすめ、なんて言われるとかえって購買意欲が下げられる人間もいるんですよね。。

このようなことをショップに言うつもりはないので、メール配信を解除するわけですが、モノ言わぬこのような客がどれくらいいるのか、この点においても企業はニーズをとらえるべきかと思いますね。

Leave a Comment more...

いろいろと考えさせられます

by on 1月.06, 2017, under 未分類

SFAの導入に関するコラムを読みました。ある企業がSFAを使っていたそうなんですが、社内の1つのグループだけで利用していたためにグループ外には情報が全く出ていなかったと。ま、これはセキュリティという観点では良いことなのでしょうが^^SFAに蓄積された情報って会社全体の資産でもあるわけです。これを1つのグループだけで使うというのは勿体無いことですよね。

なので、今利用しているSFAを社内全体でも!という運びとなるのは当然の流れ。しかしここでコストの問題が出てきたそうです。SFAってアカウントごとにいくら、って決められているところが多いですよね。今利用しているSFAで会社すべての人数のアカウントを増設すると、とんでもない費用になってしまうことがあるんだそうです。そのような場合には、別の会社のSFAを導入することで解決する場合もあるとか。

ただ、他の会社に移行するということは、今利用しているSFAに自社の情報が残ってしまう心配がありますよね。きちんと破棄される、とは言われていますが、色んな面で考えさせられるコラムでした。

本記事はこちらの製品を参照しました。

Leave a Comment more...

Search

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!